人気ブログランキング |

東京藝術大学オルガン科 学生ブログ geidaiorg.exblog.jp

東京藝術大学オルガン科の演奏会の情報などタイムリーなニュースをお届けするブログ。学生が一生懸命更新します♪


by Geidai-Org
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ある4年生の苦悩③

みなさまこんばんは。
今日から、霊南坂第二夜のリハーサルが始まりました!
e0152877_19554345.jpeg
先週の第一夜には、前年度を上回る199人のお客様にお越しいただきました。感謝、感謝です...!

さてさて今日は、そんな第一夜の振り返りから。
演奏をしたみんなにインタビュー!
まずはオルガン科のアイドル2年生のAちゃん。
e0152877_20272407.jpeg
ーーデュリュフレ、どうでしたか?
「魂込めました!」

...そ、それだけ?!もとバレー部のAちゃん、体育会系らしいさっぱりとした感想でした。

次は4年生のKさん。
e0152877_20490085.jpeg
(ご本人の代わりに、ペットの文鳥さん...♪)

ーーKさんはこれが最後の霊南坂コンサート。いかがでしたか?
「学部生最後の演奏会ということで緊張もしましたが、多くの方にご来場いただき、無事第一夜を終えることができてよかったです」

ーー4回のコンサートを通して得たものは?
「このコンサートは学生の自主企画ということで、演奏や楽器の面だけでなく、準備や裏方のお仕事などから多くのことを学ばせていただきました。4年間ありがとうございました♪」

いつも穏やかな笑顔でみんなを和ませてくれるKさん。ロイプケ、とーってもクールでした!012.gif

そして最後に2年生のEちゃん。実は彼女、本番直前には調律のための鍵盤押しをしてくれていました。こんな感じで...↓
e0152877_21013470.jpeg
オルガンもピアノと同じく演奏会毎に調律をします。ピアノは自分で鍵盤を押しながら弦の張り具合を調整できるけど、パイプが離れたところにあるオルガンはそうもいきません!調律する人は楽器の裏(というより内部)へ行き、表には調律するストップを選びながら鍵盤を押す人がスタンバイします。
普通は開場前に済ませてしまうので、お客様はなかなかお目にかかれない光景ですね♪

ーー霊南坂コンサート、二回目が終わりましたね!感想をお願いします。
「限られたリハーサル時間で音色や音のバランスを決めながら、いつもと違うオルガンに慣れなければいけない難しさを改めて痛感しました」

ーーこのコンサートは私たちにとって貴重な外での経験ですよね。去年と比べてどうでしたか?
「この1年間で考えてきたこと、やってきたことによって自分が変わってきたという実感がありました」
「まだまだこれからいろんな経験、試行錯誤を時間をかけてじっくりとしていきたいです。来年には更にいい音楽をお届けしたいなと思います!」

ー-ありがとうございます!

そんな私たちは今週はスタッフとして、裏から演奏者を支えます。

さて、第二夜準備のお話。音組みで苦戦されている4年生Tさんの進捗状況はというと...(過去記事はこちら)
e0152877_23023140.jpeg
おっ...またまた新しい早見表が。どうやら完成したようです。
今日は、先生に音のバランスを聞いていただき、
e0152877_23035326.jpeg
アシスタントも一緒になってああでもない、こうでもない...
e0152877_23122515.jpeg
やっぱり、実際に音を出してみないと分からないことってたくさんあるんです。
そんな時は予め準備してきたものに変更を加えていきますが、ややこしいったらありゃしない!どこかで一つ音を変えただけで、その先の操作が全部違ってきてしまうこともあるのです。オルガニスト(そしてアシスタント)には常に適応力と柔軟性が求められます。

そんなこんなで第二夜、明日もリハーサルが続きます。
ブログもまた更新します♪
それでは!

コンサートの告知ページはこちら

Hima




by Geidai-Org | 2016-03-02 19:45 | 準備作業 | Comments(0)