人気ブログランキング |

東京藝術大学オルガン科 学生ブログ geidaiorg.exblog.jp

東京藝術大学オルガン科の演奏会の情報などタイムリーなニュースをお届けするブログ。学生が一生懸命更新します♪


by Geidai-Org
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2009年 01月 17日 ( 1 )

春のコラール合宿構想

オルガン科の皆さん、こんにちは。
論文に追われている大学院最上級生(汗)です。(今週の担当学年じゃないけどお許しを)

さて。
実現できるかどうか、まだ微妙ではあるのですが、3月にコラール合宿第2弾をできないかな~と考えています。

講師のおO△先生には既にご都合をお聞きしてあり、3月初旬、3月中旬の可能性があります。

場所は3月初旬の場合は入試期間中なので学外、中旬なら不忍荘になるかと思います。

で…学外の場合ですが、修道院のゲストハウスか黙想の家に泊まって、修道院のミサと聖務日課を体験できたら良いのではないかな?と考えてます。
それには理由があります。
オルガン曲にも多く用いられている《テ・デウム》《マニフィカト》や《サルヴェ・レジーナ》などはカトリックの聖務日課の中で歌われるものです。その背景を知って弾くのと、そうでないのとでは、やはり全然違うのではないかな…と。
《マニフィカト》は晩課のなかで歌われるものであり、カトリックでも宗教改革後のルター派でも重要な祈りとして今日に至ります。
ですから、修道院に泊まりながら、《マニフィカト》をメインテーマに勉強会をやったら良いのではないかな~…と、私個人としては考えています。

目星をつけている修道院は2つ。(信者でなくても泊まれますから大丈夫)
シトー会とベネディクト会の某修道院。いずれも小さいけれどもパイプオルガンがありますから、触らせていただくこともできるでしょう。
ただ、両方とも北国なので3月だと寒いけど…。(近くに温泉はあるよ…)

興味ある方はご検討ください。皆さんの日程も伺いたいので、またオルガン科ロッカーに日程伺いの紙を近日中に貼っておきますね。

なお夏合宿は、天才鍵盤楽器奏者TG氏をお招きして、O澤邸での実現を今年こそ!と思っています。

ではでは…

よね
by Geidai-Org | 2009-01-17 14:32 | 雑談 | Comments(1)