東京藝術大学オルガン科 学生ブログ geidaiorg.exblog.jp

東京藝術大学オルガン科の演奏会の情報などタイムリーなニュースをお届けするブログ。学生が一生懸命更新します♪


by Geidai-Org
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:準備作業( 27 )

ある4年生の苦悩 最終回

みなさまこんにちは!
今日は何て素敵なお天気なんでしょう。

さて、霊南坂コンサート第二夜はあと数時間で開場となりますが...その前に苦悩する4年生Tさんにご登場いただきましょう!
e0152877_15460055.jpeg
ーー意気込みを!
「ちゃちゃらっちゃちゃっちゃー...」

(トロワダンスを歌っています。本番前でテンションMAXなようです)

完成したストップの指示入りの楽譜がこちら!
e0152877_15551508.jpeg
二週間に渡りありがとうございました003.gif

最終回ということで、またオルガン豆知識を一つ。
霊南坂教会の楽器、コンソール(演奏台)とパイプがこんなに離れているのに、どうやって鳴っているの?と疑問に思った方もいらっしゃるでしょう。
e0152877_15453761.jpeg
実は、繋がっています。私たちが弾く鍵盤と、バルブ(弁...パイプに入る空気を制御するもので、パイプの下にある)までの長ーい距離は、トラッカーと呼ばれる金属や木でできたぼうによって繋げられています。このトラッカー、何本も連結させて床下をニョキニョキ、壁の裏をニョキニョキ...
音をひとつ鳴らすのに、隠れたところで色んなことが起きているのです!

おもしろい仕組みは他にもありますが、またいつかの機会にご紹介するとして...012.gif
本日3/4(金)、18:30に霊南坂教会でお待ちしております!
アクセスはこちら

Hima


[PR]
by Geidai-Org | 2016-03-04 13:39 | 準備作業 | Comments(2)

ある4年生の苦悩④

みなさまこんばんは。
霊南坂コンサート第二夜、いよいよ明日になりました!

リハーサル2日目を終えた、出演者たちの声をお届けします!

まずはかわいいこの二人。
e0152877_19202919.jpeg
1年生のRちゃん、先週は立派にアシスタントを務めてくれました。明日はバッハを弾きます!

ーー本番を控えた今の心境をどうぞ!
「第一夜の皆さんの圧巻の演奏に感動していたら、あっという間に自分の番になりました初出演、ドキドキです!」

そして2年生Yくん、キマってますね〜。

「超絶技巧と言っても過言ではないオクターブの連続、心して頑張ります!」

ここの楽器は鍵盤も重いから大変だよね。頑張ってください!

お次はこちらのお姉さま。4年生のIさんです!
e0152877_19314926.jpeg
ーー今回はジャン・ギユーにデュリュフレ、去年はヴィエルヌ、その前はメシアンそしてフランク...あれ、もしかして?
「振り返ってみたら4回とも全部フランスもの弾いてました」

ーー霊南坂教会のオルガンはドイツの製作会社のものですが...
「ベッケラート社のオルガンだってフランス色に染めちゃうわよっ♡笑」
「4年間の思い出を胸に、楽しんで演奏したいと思います♪」

そんなルンルンなIさんですが、本気出して弾く現代曲は色々と炸裂してすごいです。どうぞお楽しみに!

そして最後に、3年生のUくん。
e0152877_19514120.jpeg
ーーみなさまにひとこと!
「明日はマックス・レーガーの作品を演奏します。マックス・レーガーだけに僕のテンションもMAX!」

...わ、わたしもテンションMAXでアシスタント頑張ります💦

それでは明日18:30開演、霊南坂教会にて、お待ちしております012.gif
e0152877_20064176.jpeg
告知ページはこちら

Hima

[PR]
by Geidai-Org | 2016-03-03 18:52 | 準備作業 | Comments(0)

ある4年生の苦悩③

みなさまこんばんは。
今日から、霊南坂第二夜のリハーサルが始まりました!
e0152877_19554345.jpeg
先週の第一夜には、前年度を上回る199人のお客様にお越しいただきました。感謝、感謝です...!

さてさて今日は、そんな第一夜の振り返りから。
演奏をしたみんなにインタビュー!
まずはオルガン科のアイドル2年生のAちゃん。
e0152877_20272407.jpeg
ーーデュリュフレ、どうでしたか?
「魂込めました!」

...そ、それだけ?!もとバレー部のAちゃん、体育会系らしいさっぱりとした感想でした。

次は4年生のKさん。
e0152877_20490085.jpeg
(ご本人の代わりに、ペットの文鳥さん...♪)

ーーKさんはこれが最後の霊南坂コンサート。いかがでしたか?
「学部生最後の演奏会ということで緊張もしましたが、多くの方にご来場いただき、無事第一夜を終えることができてよかったです」

ーー4回のコンサートを通して得たものは?
「このコンサートは学生の自主企画ということで、演奏や楽器の面だけでなく、準備や裏方のお仕事などから多くのことを学ばせていただきました。4年間ありがとうございました♪」

いつも穏やかな笑顔でみんなを和ませてくれるKさん。ロイプケ、とーってもクールでした!012.gif

そして最後に2年生のEちゃん。実は彼女、本番直前には調律のための鍵盤押しをしてくれていました。こんな感じで...↓
e0152877_21013470.jpeg
オルガンもピアノと同じく演奏会毎に調律をします。ピアノは自分で鍵盤を押しながら弦の張り具合を調整できるけど、パイプが離れたところにあるオルガンはそうもいきません!調律する人は楽器の裏(というより内部)へ行き、表には調律するストップを選びながら鍵盤を押す人がスタンバイします。
普通は開場前に済ませてしまうので、お客様はなかなかお目にかかれない光景ですね♪

ーー霊南坂コンサート、二回目が終わりましたね!感想をお願いします。
「限られたリハーサル時間で音色や音のバランスを決めながら、いつもと違うオルガンに慣れなければいけない難しさを改めて痛感しました」

ーーこのコンサートは私たちにとって貴重な外での経験ですよね。去年と比べてどうでしたか?
「この1年間で考えてきたこと、やってきたことによって自分が変わってきたという実感がありました」
「まだまだこれからいろんな経験、試行錯誤を時間をかけてじっくりとしていきたいです。来年には更にいい音楽をお届けしたいなと思います!」

ー-ありがとうございます!

そんな私たちは今週はスタッフとして、裏から演奏者を支えます。

さて、第二夜準備のお話。音組みで苦戦されている4年生Tさんの進捗状況はというと...(過去記事はこちら)
e0152877_23023140.jpeg
おっ...またまた新しい早見表が。どうやら完成したようです。
今日は、先生に音のバランスを聞いていただき、
e0152877_23035326.jpeg
アシスタントも一緒になってああでもない、こうでもない...
e0152877_23122515.jpeg
やっぱり、実際に音を出してみないと分からないことってたくさんあるんです。
そんな時は予め準備してきたものに変更を加えていきますが、ややこしいったらありゃしない!どこかで一つ音を変えただけで、その先の操作が全部違ってきてしまうこともあるのです。オルガニスト(そしてアシスタント)には常に適応力と柔軟性が求められます。

そんなこんなで第二夜、明日もリハーサルが続きます。
ブログもまた更新します♪
それでは!

コンサートの告知ページはこちら

Hima




[PR]
by Geidai-Org | 2016-03-02 19:45 | 準備作業 | Comments(0)
オルガン科コンサート2016 第一夜in霊南坂教会、昨夜無事に終了いたしました!
200人近くものお客様にご来場いただき、嬉しい限りです。

e0152877_13364130.jpeg

ありがとうございました016.gif

第二夜は
3月4日(金)18:30開演です。
ブログもまた更新します!

Hima


[PR]
by Geidai-Org | 2016-02-27 13:32 | 準備作業 | Comments(0)

ある4年生の苦悩②

みなさまこんばんは。
霊南坂コンサート第一夜、ついに明日となりました!
私たちは今日二日目のリハーサルを行い、さらに楽器と仲良くなるため頑張ってきました。

さてさて、昨日の続き。霊南坂教会のオルガンにはコンビネーションが6つしかないため、人の手でストップを出し入れしなければなりません。そんな時活躍するのがアシスタント。彼らの仕事は音を変えることと、その指示が書き込まれた楽譜をめくることです。
e0152877_19501912.jpeg
いま、左側の1年生Rちゃんは何をしているのかというと...ストップを触って確認しながら、音を変えるタイミングを待っています。
このタイミングを合わせるのがとても大変なのです。出し入れがあまりに複雑だったり頻繁だったりすると、用意されたイスに座っている余裕もありません。アシスタントの役割は、共演者と呼んでもいいくらい大切なものなのです。

さてここで、明日の出演者に突撃インタビュー!
まずは今年初出の1年生Hちゃん。リハ前に失礼します!
e0152877_21430368.jpeg
2月頭に行われた学内の試験では、彼女は教室のオルガンを弾いていました。

ーー霊南坂教会のオルガン、教室の楽器とどんなところが違いますか?
「霊南坂のオルガンは、コンソール(演奏台)とパイプが離れているので、弾いていて上から音が降ってくる感覚があります!」

ーーなるほど、教室のオルガンはパイプから出る音が直に耳に届きますからね。他には?
「ペダルのパイプ群が一番遠くにあるので、遅れて聞こえてきます。手とのズレがでるので難しいです」
e0152877_21552999.jpeg
みなさま、右側に長ーいパイプがあるのが分かるでしょうか?演奏者からこんなに離れたところに、ペダルのパイプが配置されています。客席で聞けば問題ありませんが、演奏者はちょっと苦労します...。

ーーありがとうございます!明日頑張ろうね。

そして二人目、3年生のMさん。
e0152877_21443472.jpeg
ーーMさんは試験は奏楽堂でしたね。霊南坂のオルガンはどうですか?
「ペダル(足鍵盤)の形状が違うので慣れるまでにちょっと時間がかかりました」
e0152877_22560946.jpeg
見えづらいですが、ペダルが放射状になっているのがお分かりでしょうか。奏楽堂のオルガンは平行なので、鍵盤同士の間隔が少し狭く感じますね。

ーー響きはどうですか?
「奏楽堂より残響は少なめですが、その分タッチの細やかなニュアンスが伝わりやすいです。音の出した方や切り方に気を配っています!」

教会ならはではの温かな雰囲気も、また良い余韻をつくりだしていますね!
Mさん、ありがとうございました。

そして最後は、明日3人分のアシスタントを務める1年生Rちゃん!
e0152877_23264065.jpeg
ー-アシスタント、どうですか?
「手で操作する分が多くて大変です!自分が弾く時より緊張します...」

しかしバッチリこなしちゃう頼もしいRちゃん(彼女の出演は第二夜です)。明日はよろしくね!

それでは明日 2/26(金)18:30開演、学生一同お待ちしております!
告知ページはこちら

おまけ
4年生Tさんは今日も苦戦していました...
e0152877_23360917.jpeg

Hima


[PR]
by Geidai-Org | 2016-02-25 19:45 | 準備作業 | Comments(0)

ある4年生の苦悩

みなさまこんばんは!
霊南坂コンサート第一夜も、ついに2日後となりました。
学生たちは水曜、木曜と教会をお借りしてリハーサルを行い、金曜日に本番に臨みます。
さてこのリハーサル、一体何をしているのでしょうか⁈

それは、曲を弾くために必要な音の組み合わせ(レジストレーション)作り
e0152877_23324774.jpeg
オルガンにはいくつもの音色が備わっていて、それをストップ(音栓)を操作することによって組み合わせを作ります。
e0152877_23302846.jpeg
先生にもお手伝いいただき、それぞれの時間内で組み合わせを決めていきます。これが、ものすごく大変な作業なのです。
なぜなら...ストップは何十種類もあり、その組み合わせは何百通りにものぼるからです!
e0152877_23373276.jpeg
例えば霊南坂教会のオルガンには32種類もの音色・音高のストップが備わっていますが、まずこの中から選ぶのが大変。組み合わせを試すのも大変。そして、曲の書かれた時代によっては、その音色も数小節ごとに変わったりします。つまりその度にストップを出したり入れたりしなければいけないのです。
そこで活躍するのが、コンビネーション
ストップの組み合わせを記憶させるシステムがこのオルガンにはあるのです!

しかし4年生のTさんは今日、待ち時間のあいだ悩んでいました。
e0152877_23294569.jpeg
「コンビネーションが足りない...」
この画像の奥は楽譜、手前は霊南坂教会のオルガン音組み早見表です。
楽譜に貼ってある黄緑色の付箋はそう、音を変える(足したり抜いたり)ことを指示するものです。多いところは一小節ごとなので、一曲で何回ストップを操作するのやら...

しかし、霊南坂教会のオルガンにはコンビネーションが6つしかありません!
つまり全部で6通りしかストップの組み合わせを記憶させられないのです。

ちなみに、こちらは藝大の奏楽堂
e0152877_23501629.jpeg
こちらはコンピュータを内蔵しているため、記憶させられる組み合わせは約1,000通り...
つまり、奏楽堂ではコンビネーションだけで出来ていたストップ操作を、霊南坂教会では人の手でやらなければいけないということになります!
そこで登場するのがアシスタントです!

...と続けたいところですが、長くなってしまったので今日はここまで。アシスタントって一体何をしているのでしょう?明日きっとまた更新します。

それでは♪

Hima





[PR]
by Geidai-Org | 2016-02-24 23:19 | 準備作業 | Comments(0)

台本作成最終!

恐らく最後のチケット発券状況のFAXがきました!
少しずつ少しずつではありますが、残席数が減るのはとっても嬉しいものです♪

さて、今回の演奏会用に私達は台本を作成しています。
その中のとある部分の台本かきを私も少しさせて頂いたのですが・・。

実に難しい!!

もともと回りくどい思考の持ち主なので、簡潔にわかりやすくとは程遠い台本にしかならず。
そして使っていた言葉も古めかしいかっちこちな言葉ばかりだったようです。笑

そんな中博士課程在学中のYさんがばっちり手直ししてくださいました!!!
ありがとうございます本当に!!
さすが、論文を書かれる方の文章は綺麗でスマート!!
同じことを言うのにこんな簡潔になるのかと唖然としております。

あとは、噛まずにお話できれば良いだけ!!!!!??

本番まであと3日、チケット絶賛発売中です☆

M.F




[PR]
by Geidai-Org | 2008-11-26 23:28 | 準備作業 | Comments(0)

プチミーティング

今日メシアンのコンサート終了後に29日の演奏者で集まって少しの時間ミーティングをしました。

きっと本番当日までに集まることはもうできなそうなので、これが最後の予感。

進行や台本についてもう一度検討しました。
途中、私の勘違いで話が混乱してしまったりもして・・反省です。

最後に「頑張りましょ~!」と声をかけあって解散。

やっぱり集まって話をするのは大事ですね^^

そして、今日のコンサートでも休憩後からではあったのですが置きチラシをさせて頂けました。
本当は手でお客様全員に手渡ししたい位だったのですが・・笑
係りの方に置きチラシにしてくださいと言われ断念したのであります。
しかしMちゃんは最後まで配れないかと考えていたようです。素晴しい気合です!!

そして残りのチラシたちは一斉にみなとみらいホールの一㌦コンサートへと旅立っていくそうです。
いってらっしゃい~~!!!!

M.F



[PR]
by Geidai-Org | 2008-11-23 23:14 | 準備作業 | Comments(0)

一日目終了!

無事、第1回の演奏会が終了いたしました。

ご来場いただいた皆様誠にありがとうございました!!
楽しんでいただけましたでしょうか?

29日組としては、今日の演奏会を更にいかしていけたら良いですね♪

22日組の皆様ぜひ、今日の感想や写真のUPなどお願いしますね~☆

さて、一つだけ宣伝をさせてください!!

今年はメシアン生誕100年ということで世界各地で記念して演奏会が開かれています。
芸大オルガン科でも、先生方によるオルガン作品の全曲演奏会を開催中です!!


明日はその第3回目の演奏会が芸大の奏楽堂でございます。
宜しければ聴きにいらしてくださいませ!(宣伝が遅く申し訳ありません・・)

上野の森オルガンシリーズ メシアン生誕100年 メシアン作品全曲演奏会曲目
《聖体秘蹟への奉納》
《永遠の教会の出現》
《モノディー》
《天上の宴》
《聖なる三位一体の神秘への瞑想》
オルガン:早島万紀子先生、浅井美紀さん

11月23日(日曜日・祝日) 15時開演
入場料:2000円

M.F

ランキング遂に3位に浮上しました!!ありがとうございます!!



[PR]
by Geidai-Org | 2008-11-22 21:34 | 準備作業 | Comments(0)
いよいよ明日に迫って参りました!!!!!

記念すべき第1回の演奏会でございます!!!

昨年の3月から地道に地道に計画(企み?)してきたこの演奏会!

明日、ついに本番を迎えます。

どうか聴きにいらしてくださったお客様がみなさん笑顔になって、オルガンが好きになって帰ってくださいますように!!

まだまだチケットございます。当日券も勿論ございます!!

まだ迷われていらっしゃる方明日の予定にまだゆとりのある方、是非是非足を運んで頂けましたら嬉しいです♪

それでは明日県民ホールで皆様とお会いできますことを楽しみにしております☆

M.F




[PR]
by Geidai-Org | 2008-11-21 23:54 | 準備作業 | Comments(0)