東京藝術大学オルガン科 学生ブログ geidaiorg.exblog.jp

東京藝術大学オルガン科の演奏会の情報などタイムリーなニュースをお届けするブログ。学生が一生懸命更新します♪


by Geidai-Org
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

インフルエンザ

少しご無沙汰しておりました、ふくまりです。皆様お元気でお過ごしですか??

インフルエンザなどにかかられてはいないですか?
母校が学校閉鎖になっていたりと、私の周りでも影響が出始めています。
怖いですね・・・やはりウガイ・手洗い・マスクで予防しなくては!!

インフルエンザと言えば!!
我が大学ではインフルエンザ(季節性)の予防注射が受けられるのです!!(どこもそうなのかしら?)
朝早起きして病院に行って、長時間待って、やっと注射
・・・と言った時間は作りにくいので、このシステムとても重宝しております。
授業のあき時間に、保健管理センターへ行ってぶすっと。あっという間なのです。
ただ・・・注射後はとにかく腕が腫れる、腕がだるくなるので練習をする気が失せると言う問題も。

例年は早い時期に打ってしまうのですが、今年はリサイタルが終わってから注射へ行く予定です♪
今年は痛くありませんように!!

皆様くれぐれも体調にはお気をつけ下さいね!!




[PR]
by Geidai-Org | 2009-10-28 01:54 | Comments(3)

香る秋

こんにちは!大平健介です。

東京にも秋の風が吹くようになりました。いつの間にか、気付けば足元には銀杏に加え、落ち葉を楽しそうに踏みしめて歩く僕の靴。見上げる上野公園もとても綺麗になりましたが、秋といえば芸大の守衛さん裏、オルガン科&古楽科生がよく歩いている赤レンガ棟の道も必見ですねっ。隠れ道的なひっそりとした、一瞬。季節ごとに変わる、大好きな場所。。
ところで、みふぁさんが昨日、書いてくださったように…修士リサイタルが迫っています。あと二週間!かなりやば~いですね、練習部屋に篭ってます。オルガン部屋に入って出たら太陽が消えていたなんてよくあるこの秋。しかし、そんな秋にもたくさん元気をもらえているようにも感じるこの頃。皆さんはどんな秋を見ていますか?小さい秋、見つけていますか??

そう!芸術の秋☆
修士リサイタルに引き続き、オルガン演奏会のご案内をさせていただきたいと思います。


10/24 アンサンブル室町 Workshop & Concert
10/31 サファリオーケストラ 第16回定期演奏会
今日も、それぞれの合わせに午後、夜と参加してきました。

一日の締めくくりとなったサンサーンス:「交響曲第三番」 at 新宿文化センター。やはり素晴らしいっ。11/2に控えた修士リサイタル・プログラムのテーマとなっているフランスの時代と、まさに重なるサンサーンス。なかなか味わえないこの楽器の音色に身を浸せて、幸せ。。オーケストラの方達の雰囲気もとても良く、特には何といってもトランペット協奏曲を演奏する野田亮くんの音が美しかったです。最近、練習も大切だけれど、人の出会い・交流、そして、外で良い演奏を生で聴くことも自分にとって何かの大きなきっかけとなっていることが分かりました。音浴・・素晴らしい友人・先輩たちの音から、全身で学び吸収していきたいと思います。

e0152877_18115724.jpg


新宿文化センター大ホール Halloween Concert
19時半 開演

【プログラム】
♪R.Wagner/ 「ニュルンベルクのマイスタージンガー」
♪Saint-Saëns/交響曲第3番 作品78「オルガン付」 Org:大平健介
♪J.B.G.Neruda/トランペット協奏曲 Trp:野田 亮

サファリオーケストラ
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Studio/1751/ 



そして全力でご紹介させていだたきたいのが・・
アンサンブル室町です☆☆

「アンサンブル室町」は、和楽器とバロックによる、世界初めてのアンサンブルです。さらに、このアンサンブルには舞踏や演劇をはじめ、「日本+ヨーロッパ」という文化的・芸術的な対話に関心を持つ多様な分野のアーティストが関わっています。2007年、北とぴあ国際音楽祭を契機に立ち上げられたこのアンサンブルは、既に、アンサンブルのために作曲された様々な作品を初演してきました。2008年にはサントリーホール・ブルーローズにて公演を行い、そして2010年2月24日(水)、カザルスホールで公演を行うことになっています。特に今回、教育的な意味を帯びた芸術活動の一環として企画された、東京芸術大学でのワークショップ!どうぞ、ご期待ください!

コンサート・プログラムは、昨年、サントリーホールで迎えた定期公演の再演となります。年に一回しか公演のないアンサンブル室町が、昨年の好評を受け、定期公演以外に初めて企画する今回のコンサート!一人でも多くの方に、ぜひ、このアンサンブルを聴いていただきたいです。

「コンサート・プログラム」
権代敦彦: 1,576,800,000秒
成田和子: 相聞
山下 恵: 夢遊び

さらにワークショップということで、「アンサンブル室町」は初めて教育的、そして芸術的な大きな冒険に乗り出します。メンバーも一人ひとり、各楽器の魅力を伝えようと、レクチャーに向け、楽器レポートの執筆をいたしました!
作曲家たちは、バロックの楽器や日本の伝統楽器についての知識を必要としており、また、新しい表現のために、そして、複合文明的とも言えるような「融合」の可能性を知ることを必要としています。その一方で、演奏家たちも同じく、それぞれのレパートリーを学びながら、それを現代的な表現にも役立てられないかという関心をもち、またその他、ダンスや演劇などのアーティストたちも、音楽家たちとのコラボレーションに関心を寄せているのです。そして、これからの観衆は、音楽好きな人もそうでない人も、時代と文化が交じり合うような経験やそうした発見ができる瞬間を共有しようとしています。これは、すべての方に・・そう、あなたにも!作曲家の方々をはじめ、音楽家、愛好家、そして経験の多寡を問わず音楽を愛する皆様に・・開かれたイベントです。ぜひ、ご一緒に、この生まれ来る想像の力を、お祝いいたしませんか?
お待ちしています☆☆

大平健介




2009年10月24日(土)
Workshop Concert 「アンサンブル室町」

東京藝術大学音楽学部構内 第一/第二ホール
一般 3000円、学生 2000円、藝大生 1000円

Workshop 13:00-
ローラン・テシュネ(企画・指揮)
関根敏子(司会進行)
神戸愉樹美(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
久木山直(作曲)
青木涼子(謡)
市瀬陽子(ダンス)


Concert 17:00-
権代敦彦 1,576,800,000秒
成田和子 相聞
山下 恵 夢遊び


(出演)
ローラン・テシュネ(指揮)市瀬陽子(ダンス)大平健介・新妻由加(オルガン)平山亜古(チェンバロ)佐藤亜紀子(リュート)山澤慧(バロック・チェロ)廣海史帆・篠田さや香(バロック・ヴァイオリン)森吉京子(リコーダー)川端勇輝・長島有紀(トラヴェルソ)今井文香(打楽器)守啓伊子・山崎千鶴子(三味線)久保田晶子(琵琶)増田千斐(笙)間庭拓夢(篠笛)田中奈央一・平田紀子(箏)渡辺元子(尺八)安藤珠希(胡弓)盧慶順(打楽器)伊東光介・上田真樹・小林弘人・齋藤圭子・篠田大介・張替夏子(作曲)
[PR]
by Geidai-Org | 2009-10-18 04:12 | Comments(4)

修士リサイタル 2009

*修士リサイタルは終了いたしました。ご来場下さり、誠にありがとうございました!!

修士リサイタルの予告です!

修士課程の学生が一人45分のプログラムを組んでの
演奏会です。

平日の昼間ですが、
お時間がございましたらどうぞ足をお運びくださいませ!


東京藝術大学大学院音楽研究科修士リサイタル
Organ Recital

2009年11月2日(月) 14:00開演
場所:奏楽堂(東京藝術大学構内)
入場無料・全席自由


*駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。

 福本茉莉 
Ch. - M. ヴィドール : オルガン交響曲 「ロマン」 op. 73

 大平健介 
C. フランク : ≪3つのコラール≫より 第1番 ホ長調
J. アラン :第2ファンタジー op. 117
M. デュリュフレ : アランの名による前奏曲とフーガ op. 7
O. メシアン : ≪主の降誕(9つの瞑想)≫より 第9曲<神はわれらのうちに>

 三原麻里 
N. de グリニー : 賛歌「めでたし海の星」
J. S. バッハ : 「いと高きところにいます神にのみ栄光あれ」 BWV 662-664
J. S. バッハ : パッサカリア ハ短調 BWV 582

 中田恵子
M. デュプレ : プレリュードとフーガ へ短調 op.7 no.2
L. ヴィエルヌ : オルガン交響曲 第3番 嬰ヘ短調 op. 28


(17:00 終演予定)





[PR]
by Geidai-Org | 2009-10-17 01:44 | 過去の演奏会 | Comments(5)

即興発表会

今日は、夏休み中にあった即興の講座の発表会でした。

私は残念ながら講座に出席できなかったため、
本日は演奏できませんでしたが、
本当にみんなの演奏、とっても素敵でした☆

ヨーロッパのカトリック教会のミサに出席して
何が至福の時かって言ったら、
聖体拝領の時と、後奏でのオルガニストの即興を聴ける時かなと思います。

パリはノートルダムのミサでの聖体拝領の時の即興が
ホントにすごかった記憶があります。

あんなに即興できたら、きっと楽しいだろうなーとか、
きっと見えてくる世界が違うんだろうなーって思います。

今度、皆さんもヨーロッパ、特にパリなどに行かれる機会があったら
日曜の午前、または晩のミサに出てみてください!
きっと素敵な時間が過ごせると思います!

皆、ほんとにお疲れ様!!

みふぁでした!
[PR]
by Geidai-Org | 2009-10-17 01:06 | 雑談 | Comments(0)