東京藝術大学オルガン科 学生ブログ geidaiorg.exblog.jp

東京藝術大学オルガン科の演奏会の情報などタイムリーなニュースをお届けするブログ。学生が一生懸命更新します♪


by Geidai-Org
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2016年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

オルガン科コンサート2016 第一夜in霊南坂教会、昨夜無事に終了いたしました!
200人近くものお客様にご来場いただき、嬉しい限りです。

e0152877_13364130.jpeg

ありがとうございました016.gif

第二夜は
3月4日(金)18:30開演です。
ブログもまた更新します!

Hima


[PR]
by Geidai-Org | 2016-02-27 13:32 | 準備作業 | Comments(0)

ある4年生の苦悩②

みなさまこんばんは。
霊南坂コンサート第一夜、ついに明日となりました!
私たちは今日二日目のリハーサルを行い、さらに楽器と仲良くなるため頑張ってきました。

さてさて、昨日の続き。霊南坂教会のオルガンにはコンビネーションが6つしかないため、人の手でストップを出し入れしなければなりません。そんな時活躍するのがアシスタント。彼らの仕事は音を変えることと、その指示が書き込まれた楽譜をめくることです。
e0152877_19501912.jpeg
いま、左側の1年生Rちゃんは何をしているのかというと...ストップを触って確認しながら、音を変えるタイミングを待っています。
このタイミングを合わせるのがとても大変なのです。出し入れがあまりに複雑だったり頻繁だったりすると、用意されたイスに座っている余裕もありません。アシスタントの役割は、共演者と呼んでもいいくらい大切なものなのです。

さてここで、明日の出演者に突撃インタビュー!
まずは今年初出の1年生Hちゃん。リハ前に失礼します!
e0152877_21430368.jpeg
2月頭に行われた学内の試験では、彼女は教室のオルガンを弾いていました。

ーー霊南坂教会のオルガン、教室の楽器とどんなところが違いますか?
「霊南坂のオルガンは、コンソール(演奏台)とパイプが離れているので、弾いていて上から音が降ってくる感覚があります!」

ーーなるほど、教室のオルガンはパイプから出る音が直に耳に届きますからね。他には?
「ペダルのパイプ群が一番遠くにあるので、遅れて聞こえてきます。手とのズレがでるので難しいです」
e0152877_21552999.jpeg
みなさま、右側に長ーいパイプがあるのが分かるでしょうか?演奏者からこんなに離れたところに、ペダルのパイプが配置されています。客席で聞けば問題ありませんが、演奏者はちょっと苦労します...。

ーーありがとうございます!明日頑張ろうね。

そして二人目、3年生のMさん。
e0152877_21443472.jpeg
ーーMさんは試験は奏楽堂でしたね。霊南坂のオルガンはどうですか?
「ペダル(足鍵盤)の形状が違うので慣れるまでにちょっと時間がかかりました」
e0152877_22560946.jpeg
見えづらいですが、ペダルが放射状になっているのがお分かりでしょうか。奏楽堂のオルガンは平行なので、鍵盤同士の間隔が少し狭く感じますね。

ーー響きはどうですか?
「奏楽堂より残響は少なめですが、その分タッチの細やかなニュアンスが伝わりやすいです。音の出した方や切り方に気を配っています!」

教会ならはではの温かな雰囲気も、また良い余韻をつくりだしていますね!
Mさん、ありがとうございました。

そして最後は、明日3人分のアシスタントを務める1年生Rちゃん!
e0152877_23264065.jpeg
ー-アシスタント、どうですか?
「手で操作する分が多くて大変です!自分が弾く時より緊張します...」

しかしバッチリこなしちゃう頼もしいRちゃん(彼女の出演は第二夜です)。明日はよろしくね!

それでは明日 2/26(金)18:30開演、学生一同お待ちしております!
告知ページはこちら

おまけ
4年生Tさんは今日も苦戦していました...
e0152877_23360917.jpeg

Hima


[PR]
by Geidai-Org | 2016-02-25 19:45 | 準備作業 | Comments(0)

ある4年生の苦悩

みなさまこんばんは!
霊南坂コンサート第一夜も、ついに2日後となりました。
学生たちは水曜、木曜と教会をお借りしてリハーサルを行い、金曜日に本番に臨みます。
さてこのリハーサル、一体何をしているのでしょうか⁈

それは、曲を弾くために必要な音の組み合わせ(レジストレーション)作り
e0152877_23324774.jpeg
オルガンにはいくつもの音色が備わっていて、それをストップ(音栓)を操作することによって組み合わせを作ります。
e0152877_23302846.jpeg
先生にもお手伝いいただき、それぞれの時間内で組み合わせを決めていきます。これが、ものすごく大変な作業なのです。
なぜなら...ストップは何十種類もあり、その組み合わせは何百通りにものぼるからです!
e0152877_23373276.jpeg
例えば霊南坂教会のオルガンには32種類もの音色・音高のストップが備わっていますが、まずこの中から選ぶのが大変。組み合わせを試すのも大変。そして、曲の書かれた時代によっては、その音色も数小節ごとに変わったりします。つまりその度にストップを出したり入れたりしなければいけないのです。
そこで活躍するのが、コンビネーション
ストップの組み合わせを記憶させるシステムがこのオルガンにはあるのです!

しかし4年生のTさんは今日、待ち時間のあいだ悩んでいました。
e0152877_23294569.jpeg
「コンビネーションが足りない...」
この画像の奥は楽譜、手前は霊南坂教会のオルガン音組み早見表です。
楽譜に貼ってある黄緑色の付箋はそう、音を変える(足したり抜いたり)ことを指示するものです。多いところは一小節ごとなので、一曲で何回ストップを操作するのやら...

しかし、霊南坂教会のオルガンにはコンビネーションが6つしかありません!
つまり全部で6通りしかストップの組み合わせを記憶させられないのです。

ちなみに、こちらは藝大の奏楽堂
e0152877_23501629.jpeg
こちらはコンピュータを内蔵しているため、記憶させられる組み合わせは約1,000通り...
つまり、奏楽堂ではコンビネーションだけで出来ていたストップ操作を、霊南坂教会では人の手でやらなければいけないということになります!
そこで登場するのがアシスタントです!

...と続けたいところですが、長くなってしまったので今日はここまで。アシスタントって一体何をしているのでしょう?明日きっとまた更新します。

それでは♪

Hima





[PR]
by Geidai-Org | 2016-02-24 23:19 | 準備作業 | Comments(0)

霊南坂コンサート2016

みなさまこんばんは。
先日院生のKimtyさんが投稿してくださいました、霊南坂教会でのコンサートの詳細をお知らせいたします。

***********************************************************
東京藝術大学オルガン科コンサート2016

日本基督教団霊南坂教会
アクセス
開場18時/開演18時30分
入場料500円(当日清算) 全席自由

第一夜
2016年2月26日(金)

佐藤初音 J.S.バッハ:協奏曲 イ短調 BWV 593
内海彩花 M.デュリュフレ:アランの名による前奏曲とフーガ
山司恵莉子 M.レーガー:幻想曲とフーガ ニ短調 Op.135b
阿部翠 C.フランク:コラール 第一番
本田ひまわり J.S.バッハ:トリオソナタ第三番 BWV 527
栗田麻子 J.ロイプケ:ソナタ「詩編94編」


第二夜
2016年3月4日(金)

東方理紗 J.S.バッハ:プレリュードとフーガ ロ短調 BWV 544
安井歩 F.リスト:バッハの名による前奏曲とフーガ
内田光音 M.レーガー:B-A-C-Hの主題による幻想曲とフーガ Op.46
石川優歌 J.ギュー:トッカータ/M.デュリュフレ:組曲 作品5
田宮亮 J.アラン:3つの踊り

助成 武藤舞音楽環境創造教育研究助成金

***********************************************************

毎年学部生が開催するこのコンサート、実は、4年生は卒業試験、1~3年生は後期試験で演奏した曲を披露しています。
1年生は教室のオルガンで、2年生以上は奏楽堂での試験でしたが、同じ曲を演奏するといっても、楽器も会場も違うとなると、実に様々な工夫や準備が必要になります。
それぞれの楽器の個性を活かしたり、空間と一体になって音楽を作るために、私たち学生がいったいどんなことをしていくのか...?!これから数回にわたって、準備の様子をこのブログでご紹介していきたいと思います。
どうぞお楽しみに~!

Hima

e0152877_22214823.jpg

[PR]
by Geidai-Org | 2016-02-06 22:23 | 演奏会予告 | Comments(0)

あっという間に!

今年の冬は暖かな日が続いていましたが、先週からはめっきり冷え込んでお布団とこたつが恋しい毎日です(*_*)笑

寒さとは裏腹に2月のオルガン科はとってもホットな日々を過ごしております✨
2月の一週目には数々の試験が…!!!
(即興、通奏低音、アンサンブル、オルガン実技、副科ピアノやチェンバロ…etc.)
学部生はなんとも目まぐるしい1週間なのです笑

院生はというと…月曜日に即興の試験を終え、一足先に春休みになりました♪
先日の先輩方の学位審査の演奏を聴いて感動するとともに近いうちに自分の番かと焦る気持ちも!!
あっという間に院生生活も1年が過ぎてしまいびっくりしています😳
春休みなんて優雅なことを言っている場合でもなさそうです💦笑

さて、演奏会のお知らせをさせてください😊

2月21日(日) 15:00開演 (14:30 開場)
@東京藝術大学奏楽堂 
廣江理枝、徳岡めぐみ、松原勝也(vn)、山田沙織(va)、声楽科有志 

今年はレーガーの没後100年という記念の年にちなんで、オールレーガープログラムです♪
先生のレーガー、とても楽しみです✨


第一夜
2月26日(金) 18:30 開演
@日本基督教団霊南坂教会 
佐藤初音、内海彩花、山司恵莉子、阿部翠、本田ひまわり、栗田麻子 

第二夜
3月4日(金) 18:30 開演
@日本基督教団霊南坂教会 
東方理紗、安井歩、内田光音、石川優歌、田宮亮 

毎年恒例の霊南坂コンサート♪今年も渾身のプログラムでお待ちしてます(^ ^)
う〜、私も出たい!学部生うらやましいよぉ!!
応援ガンバリマス♡笑

詳細は後日おしらせさせていただきます。
風邪に気をつけてお過ごしください016.gif

Kimty♪



[PR]
by Geidai-Org | 2016-02-02 20:30 | 演奏会予告 | Comments(0)